「CHASE利用申請受付」及び「CHASEと介護ソフト間における情報連携の標準仕様」について

  

厚生労働省より、自立支援等の効果が科学的に裏付けられた介護を実現するために必要なデータを収集・分析するためのデータベース(通称:CHASE)の構築を行い、令和2年5月より運用を開始した旨、連絡がありました。つきましては、「CHASE」を利用するにあたり利用申請受付専用Webサイトから、利用申請が必要となりますので、以下に掲載の事務連絡等をご確認ください。

  • 「CHASE 利用申請受付」について(事務連絡)
  • ※上記事務連絡に、利用申請受付専用URLを掲載しています。
  •              

     

  • 【参考】介護関連データベースの構成(PDF)
  •              

        

    また、厚生労働省が、介護サービス提供事業所・施設において使用されている介護記録入力ソフト等とのデータ連携を行うことができるよう、「CHASEシステムにおけるCSV連携の標準仕様書」を作成しています。              

    以下に掲載の標準仕様書に沿って改修した介護記録入力ソフト等を用いることにより、CHASEに再度入力することなく、CSVファイルで出力し、取り込むことができるようにすることで、介護サービス提供事業所・施設のCHASEへのデータ入力に係る負担を軽減することになりますので、ベンダー等と相談の上、活用いただきますようお願いします。 

  • 「CHASEと介護ソフト間における情報連携の標準仕様」について(事務連絡)(PDF)
  • CSV連携仕様について(PDF)
  • CHASEインターフェース項目一覧(PDF)
  •              

       

    TOPに戻る